獣医師、スタッフ、飼い主さま、そして動物たち、みんながより幸せになる未来を技術で実現させたい

動物病院周りのデジタルサービスは、現在バラバラに提供され、複雑になっているように感じます。

そのため、本来先生方の負担を減らしてくれるはずの新しい技術の導入に頭を悩まされていませんか?

ainoプロジェクトは、動物病院周りのデジタルサービスを分かりやすく統合し、動物病院に関わる全員にとって、便利で、より幸せになる未来を実現させたいと考えています。

aino の想い

  1. aino = "I know"(分かっている)。院内、および飼い主さまとの情報共有をサポートすることで、「分かっている」を増やします。
  2. 獣医師の先生方にとって、分かりやすく、取り入れやすい、デジタルサービスを開発、提供します。
  3. 獣医師、スタッフ、飼い主さまが用いるサービスを一括して提供することで、Apple社の製品(iPad, iPhone, iTunes, Mac)のように、美しく全てが繋がった便利さを実現します。
ainoプロジェクトが目指す全体図
aino プロジェクトが目指す全体図

動物病院と飼い主さまがより深く繋がる未来

現在、動物病院と飼い主さまの接点は、来院時が中心だと思います。そして、年に数回のDMでご案内されていると思います。

aino は、デジタル技術を用いて、先生方の手間になることなく、動物病院と飼い主さまがより深く繋がる未来を実現します。

例えば、処方した薬剤の投薬タイミングに合わせてリマインドが送られたり、前回の健康診断から1年が過ぎるとリマインドが自動で送られるなど、飼い主さまへのご案内が個別に自動化されます。

その子の病気、状況に合わせた情報が自動で送られ、「予約する」ボタンに誘導することで、必要な来院を促します。

私たちが目指す、動物病院と飼い主さまがより深く繋がる未来の姿について、下のボタンより是非ご覧ください。

大事なポイントをぱぱっと呼び出し、分かりやすく表示する電子カルテ

なぜ紙ではなく、電子カルテなのでしょうか?
書きやすさだけで考えれば、紙で十分だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

カルテを電子化するメリットは、

  1. 「見る機能」の強化
  2. 「繋がる機能」の付加

だと考えます。

1.「見る機能」の強化

体重など症例ごとの重要指標の履歴がグラフ化される。予防履歴、副作用履歴などの重要履歴が一目でわかる。過去の診察のサマリが一望できる。といった、デジタルの強みを活かした「見る機能」が、先生の診療を助けます。

2.「繋がる機能」の付加

上でお示しした「私たちが目指す未来」のように動物病院と飼い主さまがより深く繋がる未来を実現する基盤として、電子カルテの入力が活用されます。

もちろん、「見る機能」「繋がる機能」だけでなく、履歴からの再入力、予測変換などの「書く機能」の効率化も追及しています。

シンプルな顧客管理・会計ツール、Halope H が、aino の一部となりました

現在動物病院向けに提供されている顧客管理・会計ツールの中でも、シンプルで、ストレスがないと評判の Halope H が、aino の一部となりました。(ainoプロジェクト開発運営会社である株式会社Zpeer は、Halope H 開発運営会社である株式会社ハロペを、2022年7月に買収)

動物病院の来院受付、顧客管理、会計などの業務はお任せ。

インストール不要のクラウド型サービスなので、複数端末で利用できます。院内のPCやタブレットで利用可能。データはクラウドにあるので、データの移行などを気にする必要はありません。

ユーザーフレンドリーなUIで受付スタッフにとってより使いやすいサービスを目指しました。

Halope H は、aino電子カルテなどと連動し、電子カルテで入力した処置・検査・処方などの請求書への自動反映、飼い主さまへの明細書などのLINE送付、LINE予約受付などを実現します。

先生方の意見で、さらに便利に進化します。

ainoプロジェクトはまだまだ発展途上。
まさにこれからどんどん育っていくサービスです。

先生方からのご意見をいただければ、aino はより現場に即した便利なサービスに進化できます。

先生方と協力しながら、あたらしくて便利でクールな、でもどこかあたたかい、そんなサービスを作っていきたいです。

ainoプロジェクトにご参加いただけましたら、サービスの無料版のご提供、開発状況の共有、ご要望の受付などのメリットがあります。参加はもちろん無料です。

より便利な未来を創るため、是非お力添えください。

ainoプロジェクトに参加し、当プロジェクトの発展にご協力いただける方には、下記をご提供いたします。

  1. ainoプロジェクト各サービスを無料でお試しいただける試用版をご提供いたします。(電子カルテ、リモート受付サービスが2022年内提供開始予定です)
  2. 最新のサービス開発状況を随時共有いたします。
  3. 「こうなったらいいな」「こうしてほしい」等のご要望を受け付ける場をご用意いたします。

変化を恐れず味方にし、デジタルでよりよい未来を。

デジタル技術があらゆる業界に入り込み、かつてないスピードと規模で変革を起こし続けています。

この大きなデジタルの波と、それがもたらす変化は、けして恐れる必要はありません。むしろ、業界全体にとって大きなプラスをもたらすものです。立ち止まっていてはあまりにもったいない!

デジタル技術を積極的に活用し、よりよい未来をつくりましょう。

わたしたち aino は、動物病院向けの統一化されたデジタルサービス群を開発・提供し、業務の効率化、そして動物病院と飼い主さまがより深く繋がる未来の実現に貢献します。

そして、獣医療関係者の意見を積極的に取り入れながら、これらサービスを継続的に発展させていきます。

その先にある、あたらしい時代の動物病院の姿が、ぼんやりと、でもたしかに、見えてきています。

aino についてのお問い合わせはこちらから

現在ベットピアで公開中の経営コラム「デジタル化が動物医療にもたらす希望の未来」もぜひご覧ください。(ベットピア会員限定コンテンツです)

aino は、ベットピアを運営する株式会社Zpeerが開発・運営しています。